すべり症治療NAVIへようこそ

すべり症治療NAVIをご覧いただきありがとうございます。当サイトをご覧頂いているということは、今現在、すべり症の辛い症状でお悩みだと思います。

一般的にすべり症を改善する方法として、薬や手術、ブロック注射、整体、マッサージ、カイロプラクティック、鍼灸治療などが挙げられると思いますが、残念なことに今お伝えした方法では、すべり症が改善されることは無いと思います。

ですからあなたも、すべり症を改善する方法を模索し、当サイトに辿りついたことだと思います。あなた自身のためかもしれません。もしくはお子様のために、お母様やお父様が一生懸命、情報収集しているかもしれません。

当サイトは、ご自身の症状を改善するために利用される方が多いですが、それ以上にお子様をなんとかして助けてあげたいという、ご両親が利用されることが多いサイトでもあります。もしかしたら、あなたもお子様のために当サイトをご覧頂いているかもしれません。

ですが、もう安心してください。当サイトがお薦めしている治療法は、今までに延べ50万人以上の方が手術などをせずにすべり症を完治させた方法です。

ですので、当サイトがお薦めしている治療法を実践していただければ、あなたのお悩みやお子様のお悩みも解決出来るはずです。

まずは下記のボタンを押して、「すべり症を治すポイントについて」のページをご覧ください。すべり症の正しい治療法をお伝えしております。

その後はあなたが知りたい情報を選択し、各ページゆっくりとご覧下さい。当サイトをご利用いただき、あなたやお子様のすべり症が1日でも早く良くなることを、スタッフ一同、心より願っております。

すべり症の治療について

すべり症は腰痛の中でも特に辛い症状ですが、その治療法としてはいくつかの種類があります。具体的にすべり症の治療法をいくつかご紹介していきます。

まず、重度のすべり症の場合、立ち上がることが困難、車椅子生活を余技なくされる患者さんに対しては、外科的な手術を行うことが多くあります。

ですが、一般的には保存療法を行うことによって、すべり症の痛みの軽減や予防などをしていきます。比較的軽度なすべり症の場合、電気療法や温熱療法、また湿布を貼ることやコルセットを着用してすべり症の治療に当たっていきます。

それと同時に普段の生活の中で腰に負担をかけている動作を改め、出来るだけ腰に負担のかからない生活にすることを生活改善指導と呼んでいます。つまり、生活スタイルを正すことにより、すべり症の改善をしていくということです。

また、すべり症は薬物治療も同時に行われることほとんどです。一般的にすべり症の痛みの原因となっている炎症を抑え、痛みを和らげるために消炎鎮痛剤が用いられることが多くなっています。

しかし、これらの保存療法や薬物療法において、なかなかすべり症の症状が改善されず、辛い慢性的な痛みがある場合には、神経ブロック注射が施されることがあります。

神経ブロック注射とは、すべり症の痛みの原因となっている神経やその周辺までブロック針を刺入し、局所麻酔薬を作用させることで、神経を麻痺させ痛みの情報が脳へと伝わることをブロックすることで痛みを抑止・抑制します。

この神経ブロック注射は高い鎮痛効果と即効性を持っているため、仕事などで身体を休めることが出来ない場合などに良く用いられるすべり症の治療法です。

このようにすべり症の治療法には様々なものがあり、それぞれに特徴があります。選択する際にはしっかりと話を聞き、少しでも気になったことがあれば質問をして、疑問を無くすことが重要な要素となり、効果的なすべり症の治療を受けることが出来ます。

新着情報
What's New

2014年09月30日
ニュース/トッピクス
2014年08月25日
お薦めサイト情報
2014年08月20日
404 not found
2014年08月20日
新着情報バックナンバー
2014年06月02日
運営者情報
2014年05月29日
腰椎変性すべり症
2014年05月29日
メニュー
2014年05月29日
TOP
2014年05月07日
痛みシビレこれでスッキリ
2014年05月07日
食事について