TOP » その他・関連情報1

その他・関連情報1

子供をすべり症にしないためには何をすればよいのか?

すべり症と聞くとお年寄りが掛かる病気と感じる方も多いかと思いますが、実は成長期を迎えていない14歳未満の子供にも発症するケースが増えています。特に子供の内は骨が成長していないために背中だけでなく、股関節などでもすべり症が発生することがあります。

子供のすべり症を予防するには、強すぎる負荷を骨に与えないようにすることが肝心です。特に本格的に身体を動かすようなスポーツクラブなどにお子様を通わせている場合は、よく注意しておいたほうが良いです。

子供の内から身体を動かすのは健康や成長のためには非常に良いことなのですが、あまり激しい運動をさせすぎると、すべり症だけでなく、分離症や椎間板ヘルニア、首の頚椎ヘルニアなどを発症することもありますので、注意を向けるようにしてください。

特に最近では小学校などでダンスが必須科目として取り入れるところが大変増えています。ダンスなど激しい運動を行うことによって、症状を発症することが非常に高くなります。

もし、あなたの子供が激しい運動を常日頃から行っているのであれば、身体を動かす時は準備運動をさせるように徹底させたり、丈夫な身体を作るために軽い筋力トレーニングをさせるなど、早いうちから予防を徹底させましょう。

子供をすべり症にさせないためには、丈夫な身体を作るための環境作りが大切です。丈夫な骨や筋肉を作るために栄養バランスの良い食事を用意したり、身体の成長を促す成長ホルモンをより多く分泌させるために十分な睡眠時間を取らせるなどしてください。

子供の成長を促すための手段をできるだけ多く取る様に心がければ丈夫な身体を作らせることができます。また、他の病気にもならないような丈夫な身体を作るためにも、ご両親が一緒になって子供の体調管理をしてあげることが大事になってきます。