TOP > その他・関連情報1 > 分離症について

分離症について



すべり症は椎骨が前方、あるいは後方にずれている、あるいはすべりを起こしている状態を言います。通常であれば湾曲型にきれいに繋がっているはずの腰椎の一部が、不自然な位置へとすべりを起こすのです。分離症をご存知の方も多いでしょう。

この病気は分離症が原因となる場合が多く、椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなることで進行します。これは椎間関節の基部が分離する病状です。

その原因は、腰の曲げ伸ばしなどの運動をすることで骨に異常な負荷がかかり、その結果起きる疲労骨折である場合が多く、また、骨が十分に成熟していない少年期でも、負担が大きいことから発症する方もいらっしゃいます。

自覚症状については、痛みなどの症状が出ない場合が多くあります。また痛みがあった場合でも、自然に疲労したときに感じるものではないか、という錯覚を起こすケースが多いようです。

また痛みは分離している骨の痛みのみで、神経症状や筋肉の痛みはほぼありません。一方、すべり症になりますと、腰痛、下肢の痛みやしびれ、などの神経症状が出やすくなります。

また、ひどくなると、脊柱管狭窄症に進行したり、馬尾症候群が出現することもあります。それぞれの治療方法としては、多くが保存療法を行います。

コルセットを装着して患部を安静な状態に保ち、痛みを止めるために鎮痛剤を使用し、または神経ブロック注射も使用されることがあります。また、骨が癒着しない場合、症状が改善しないケースでは手術が検討されます。

すべり症の場合では、自覚症状によって変わってきますが、保存療法を行います。また、下肢の痛みやしびれといった神経症状に至るケースでは手術をします。

手術は固定術を適用し、自分の骨盤の骨や人工のもの、または丈夫な金属などで固定をしますが、患者の体にとってはかなり負担が大きくなる場合もあります。

中川式腰痛治療法