TOP > その他・関連情報1 > 坐骨神経痛について

坐骨神経痛について


腰椎すべり症に関連した症状として顕著なものに、坐骨神経痛があります。すべっている腰椎が脊椎を通る神経を圧迫し、下肢(特に臀部から太股の裏側にかけて)に痛みやしびれを起こし、坐骨神経痛の痛みがある時には歩くことも辛いという場合が多くあります。

坐骨神経痛を治療することは、すべってしまっている腰椎を取り除くことです。坐骨神経痛が酷くなりますと、痛みやしびれも酷くなる他に、脳からの足の筋肉に対する命令伝達が上手く行われずに、軽い歩行障害を覚えたり、排尿障害などに進行してしまうケースもあります。

また、歩かなくなることで脚や腰椎などの筋肉が衰えてしまい、治療をするときも腰椎に負担がかかってしまいます。基本、腰椎すべり症の治療は安静です。

安静にしながら保存療法を試行し、痛みがほぼ治まってくると、リハビリなどで腰椎周りの筋肉を鍛え、すべっている箇所を充分に押さえることが出来るような筋肉を作らなければなりません。

特に腹筋や背筋で腰椎をサポートすることが重要です。一度、すべってしまった症状はなかなか元に戻ることはありません。例えば、カイロプラクテイック療法などでは、特に上下の腰椎あるいは骨盤への働きかけをして患部を改善させていきます。

より良い腰椎すべり症の治療をするためには、脊椎の専門病院、専門医に診てもらうことが良い方法です。また、忙しくて定期的に通院することもままならないという場合にはコルセットを装着して仕事をするという場合も多くあります。

腰椎すべり症の合併症状は、坐骨神経痛で留まるというばかりではなく、脊柱管狭窄症に繋がる場合もあります。脊柱管狭窄症になりますと、間欠跛行という歩行障害の症状が起こり、何度も休みながら歩行を続けなければならなくなります。

間欠跛行の特徴としては、休みながら歩かなくては歩行が出来なくなってしまうことを言います。また、間欠跛行が進行してくると手術を選択しなくてはならないことがあります。

目安としては、100メートル以上歩けなくなった場合、手術を視野に入れます。このような酷い症状になる前に、少しでも腰に違和感を感じたら、医師の診断を受けるようにしてください。

中川式腰痛治療法