TOP > その他・関連情報1 > 椎間板すべり症

椎間板すべり症


この病気は、別名「腰椎すべり症」とも言います。腰椎は正常であれば湾曲の形に繋がりあっていますが、この状態が不安定になり、一部がずれた状態、あるいはすべったような状態になったものです。

また、より上部の骨を支えることになる、4、5番目の腰椎に多く発症します。自覚症状の多くは神経症状で、腰椎の中を通っている椎間板が圧迫などされることで、痛みが出現します。

その他に多いのは筋肉疲労による痛みです。痛みが激しくなったので病院で診てもらい、レントゲン撮影などの結果この病だと判断されると、保存療法を試行します。

診断後に痛みは引いたという場合では安静にしたり、時折コルセットをしながら筋肉トレーニングを実施して痛みを効果的に軽減させたりします。それでも痛みが緩和しないという場合であれば鎮痛剤を服用したり、温熱療法で患部を温めたり、ブロック療法を試行したりもします。

ブロック療法は特に、神経根の痛みには効果的と言われます。圧迫を受けている神経に直接局部麻酔薬などを注射し、筋肉の緊張を解くことで、患部の血行を改善します。

また、ブロック療法では自然治癒の効果がもっとも期待されます。また、椎間板の圧迫が酷く、下肢にも痛みや痺れが出現するというレベルになりますと手術を検討する必要があります。

手術は固定術を主に用い、自分の骨盤の骨や人工骨で固定します。また、場合によっては金属を使用してインストルメンテーションを行います。インストルメンテーションでは術後の回復がより早くなるという特徴を持ちます。

この病気は治療を受けるだけで改善することは無いと考える医師は多くあります。特に術後はリハビリは重要な役割を占めますし、安静にしながら筋力トレーニングをしたり、簡単な体操療法を取り入れることは必須と考えるのが正しいでしょう。

特に筋肉は骨を支えるために存在する部位です。衰えれば、いつまた再発するか分からないといって間違いありません。いずれの方法を選ぶにも、医師とよく相談して最適なものを選択することが改善のコツです。

中川式腰痛治療法