TOP > その他・関連情報1 > 腰痛について

腰痛について


腰の症状は様々です。痛みが起きたというだけではどの症状なのかを一人で判断することは難しいと言っていいでしょう。しかし、すべり症特有の症状というものもあります。

すべり症が起きた直後、つまり急性期にはぎっくり腰同様に激しく痛み、腰から下が無いよな感覚、いわゆる腰抜けのような感覚になり、また上半身が重くて支えられない感覚も覚えます。

つまり、腰椎がすべるとそれを戻そうと筋肉が即座に反応するのですが、その反応が弱かった場合、筋肉が痛んでしまって、それが痛みとして脳に伝達されます。

このようなぎっくり腰と同じようでいて、結果としては正反対である、というケースになってしまいます。また、症状が慢性化しますと、腰の当たりは不快な感じ、違和感を感じることが多くなります。

腰が重く、だるく、体を起こすのがやっと、という状態です。ストレスも貯まり、色々な作業が面倒に感じてしまいます。つまり慢性期になりますと、治療をしたいのは山々でも、我慢できない範囲ではない、という意識が芽生えやすくなります。

そしてこのことから、より進行するまで治療をしないという方を増やしてしまうということが言えます。最も大事なのは、急性期、あるいはそれ以前に兆候があった時点で早期に診断を受けることです。

そうしなければ慢性化してしまい、ますます治療をする気分というものが起きなくなってしまいます。また、坐骨神経痛や腰部脊柱管狭窄症を招き、寝たきりになってしまう可能性も出てくるのです。

しかしながら、これが疲れからくる一時的なものなのか、あるいは病気の兆候なのかを判断することは医師でなければなかなか出来るものではありません。どのように判断するかを知るためにも、常に気をつける必要があると言えます。

ガイドブックのような類のものにも、腰痛とその付随する症状を簡単にチェックできるようなものがありますので、家庭での医学として常備しておきたいものです。

中川式腰痛治療法