TOP > その他・関連情報2 > 悪化について

悪化について


これは非常に辛い病気です。主に腰椎が前方にずれ込むことによって、腰の痛みや足のしびれなどを引き起こすのが大きな特徴ですが、すべり症の辛いところはこの痛みだけではありません。

その他にも非常に多くのトラブルを引き起こす大変厄介なものです。症状が悪化するにつれ、腰椎のずれ込みがどんどん大きくなっていきます。それによって、「脊柱管狭窄症」という別の病気を引き起こしてしまうことが多くあります。

脊柱管狭窄症とは、脊椎の中心部にある脊柱管を通っている神経が圧迫されることによって、身体に様々な影響を与える病気です。

例えば、腰椎付近の神経が圧迫された場合、下半身に激しい痺れが発生して、思うように歩けなくなったり、頚椎付近の神経が圧迫を受けると、指先が痺れて細かい作業が出来なくなるなどの症状が出ます。

脊柱管狭窄症は発生した部位によって、様々な症状を引き起こしていきます。これらの症状が進行していくと、どんどん症状は重くなり、最終的には失禁などの排泄障害にまで発展し、日常生活をまともに送ることすら困難になっていきます。

放置しておくとここまで身体に悪影響を与えてしまうものですが、大体は腰や首に激しい痛みが出た時点で、病院に行くことが多いので、ここまで症状が悪化してしまうことは、めったにありません。

ここまで症状が悪化してしまった場合、手術を行わないと後遺症が残ってしまう恐れがあります。しかし、手術を行ったとしても再発する方が後を絶たなかったり、後遺症が残ってしまう例も多くありますので、慎重に見極めることが大切です。

まずは、腰や首が急に痛み出して、その痛みがしばらく続いているという方は、すぐに診察してもらうことが先決です。

中川式腰痛治療法