TOP > その他・関連情報2 > 第五腰椎について

第五腰椎について


背骨には腰椎が五つあります。また、そのうちの五番目の腰椎が疲労骨折をおこす病気を、第五腰椎分離症と言います。分離症は他の部位でも発症する可能性がありますが、ほとんどは五番目の腰椎に発症します。

また、成長期のスポーツ選手に顕著で、13歳ぐらいがピークと言われています。サッカーや野球などで体幹を激しく沿ったり捻ったりすることで、腰への負担、骨の疲労が蓄積し、クールダウンをせずに日夜継続したり、悪い生活習慣、偏った食事などが重なって起こることが多い症状です。

分離症の治療方法は様々ですが、早期発見した場合では骨折部分が癒着する可能性もあります。また、痛みが発症せずに進行したり、早期治療をしなかった場合は、慢性の腰痛持ちになったり、第五腰椎すべり症(第五腰椎分離すべり)になったりする可能性があります。

この病気は、積み木のようにきれいに重なっていて、仙骨の上で滑らないように支えられているはずの腰椎が、分離によって不安定になり、すべってしまう症状です。

腰の骨のS字状のカーブが保たれなくなると、関節なども異常になり、ぎっくり腰やヘルニアを併発する可能性もあります。第五腰椎すべり症ではレントゲンでの検査が可能です。

また、治療の基本は保存療法になります。コルセットや痛み止めの薬剤、理学療法や筋肉トレーニングなどのリハビリ療法によって改善を試行します。

症状としては、すべった状態でもまったく痛みが無いというケースもあり、臀部や太股の裏側に痛みがおこる、一般に坐骨神経痛と呼ばれる症状が出る場合もあります。

また圧迫によって歩行にも支障が出て、長距離を安定して歩くことができなくなる可能性もあります。成人以降の保存療法では、身体の発育が停止してしまうため、骨癒合はほぼ無理と言えます。

薬剤や安静治療などを我慢して継続させると共に、筋力トレーニングを継続し、患部をサポートする筋力を維持することが必要です。

中川式腰痛治療法