TOP > その他・関連情報3 > 関連症状について

関連症状について


少年期に激しいスポーツをしたり、中高年と言った加齢により、腰椎の慢性的な歪みを生じる病気として、すべり症があります。

その症状としては、腰への少しの違和感や痛みから、それが悪化していつの間にか慢性痛になるというケースが多くなっています。また場合によって、坐骨神経痛や脊柱管狭窄症といった、さらなる病気へと繋がってしまう場合もあります。

すべり症から発展することが多いのが、前述した坐骨神経痛です。中高年に多い原因の多くが、慢性的なものから発展したものとされています。

坐骨神経痛は、すべり症により前方へとすべってしまった腰椎が、脊椎から伸びている坐骨神経という部分を圧迫してしまうことから起こります。

具体的な症状としては、お尻や太腿、膝、足先といった部分への痛み・しびれが生じます。また、その他に最も気を付けなければならないのが、「脊柱管狭窄症」です。

前方へすべってしまった腰椎がそのままの状態で定着してしまうと、背骨の一部が前方へと突出してしまっている状態となり、脊髄中枢神経の通路である脊柱管が狭くなってしまうという問題が生じます。

このように神経の通り道が狭くなってしまうと、脊髄中枢神経が圧迫されやすくなり、神経痛が起こりやすくなります。もし背筋を伸ばした瞬間にしびれを感じた場合、この脊柱管狭窄症を疑う必要があります。

脊柱管狭窄症は主に背中を伸ばすことや、反るといった行為をすることで、神経圧迫を起こしやすくなっているのです。そのような場合にはしっかりと病院へ行き、医師の診断を受けることが大事です。

少しでも早めの行動をとることで、自分自身の身体を守ることができますので、今お伝えしたような症状が身体に出ている方は、出来るだけ早めに診断を受けることをお薦め致します。

中川式腰痛治療法