TOP > その他・関連情報3 > スポーツ障害について

スポーツ障害について


すべり症はスポーツ障害によって発生することがとても多い病気です。スポーツ障害とは、スポーツをすることによって起こる障害や外傷のことを指し、プロの選手はスポーツ障害にならないために、様々なトレーニングを行っています。

すべり症はプロの選手はもちろんのこと、普段趣味でスポーツを行っている、アスリートの方なども注意しておく必要があります。また、体が未発達な小学生や中学生も多く発症するのも特徴です。

また、その時期に症状が発症する方もいれば、大人になるまで症状が発症しない方も多く、成人になって痛みを訴えるほとんどの方は、幼少期の頃に激しいスポーツをされていた人に多く見られます。

すべり症とは、脊椎の下部に当たる腰椎に限界以上の負荷が掛かることで、椎間関節や椎間板に異常が発生することによって、椎骨が前方にずれ込む事によって発症するのですが、すべり症は腰を大きく捻った時によく発生することがあります。

腰を捻る動作はほとんどのスポーツに組み込まれており、野球やサッカーなどをしている人はほぼ確実に腰を捻る動作を行っています。

このような動作に耐えられるために、プロの選手は筋力トレーニングなどを行い、腰周りの筋肉を強化し、腰を捻る時の負荷に負けない体作りを行っていますが、一般の方は、そこまで本格的に肉体改造を行っている人はとても少ないです。

そのような状態で激しく身体を動かすと、すぐに腰が負担に耐え切れなくなってしまい、すべり症を発症する原因になってしまいます。

これを防ぐには、ある程度の体作りをすることが必要となります。プロの選手と同じ体作りをする必要はありませんが、腰椎が耐えられる程度の筋力をつけることは必要です。

また、身体を動かす時は入念にストレッチなどの準備運動をして、普段動かさない筋肉をよくほぐしてから、体を動かすようにすることも大事です。

また、運動終了後も入念にストレッチ体操などを行い、できるだけ体の疲労をその日のうちに残さないように心がけることも大切です。

このように、すべり症はご自身の少しの心掛けで発症のリスクを抑えることが十分にできますので、ご自分の体とよく相談しながら、体のケアをしていくことが大事になってきます。

中川式腰痛治療法