TOP > その他・関連情報3 > 食事について

食事について


すべり症の予防は食事による栄養補給は欠かせません。普段の食生活の中で、予防に効果がある食材を食べるようにしておけば、すべり症になる可能性は非常に少なくなります。

すべり症は主に背骨の骨と骨との間にある椎間板や、背骨をつないでいる椎間関節が破損、離れてしまうことで発生します。

これらの破損を防ぐには普段から身体を鍛え、背骨に掛かる負担を筋肉で分散させたり、猫背など背骨に負担が掛からない体勢をとらないようにすることが求められます。

それと同時に強い負荷に耐えられるような骨や椎間板を作ると非常に効果的です。骨を強くするものといえば、やはりカルシウムやカリウムは欠かせません。

牛乳や小魚類に多く含まれていますので、毎日牛乳を飲んだり煮干から出汁をとるようにするなど、日々の生活の中でそうした食材を定期的に摂る習慣をつければ、骨はとても丈夫になっていきます。

また、同じように椎間板を作る栄養素を摂る食材も摂るようにすればより良いです。椎間板はコラーゲンやヒアルロン酸で構成されているので、コラーゲンが多く含まれている鶏肉などを摂ると良いです。

また、豚肉もとてもお薦めです。コラーゲンが多く含まれていますし、ビタミンも豊富に摂取できます。そして何より、筋肉を作るために必要なたんぱく質もとても多く含まれております。また、大豆などに比べアミノ酸スコアがとても高いとされています。

こうした食事による予防は、特に子どもの内に行うと非常に効果的です。特に子供の内は体が発育していない時期に激しい運動を行ってしまったために、発症することが多いので、栄養のあるものをたくさん食べさせて、健康な身体を作っていくことが大事です。

中川式腰痛治療法