TOP > 脊椎変性すべり症

脊椎変性すべり症

脊椎変性すべり症の特徴について

脊椎の病気としては脊椎分離症が激しい運動などで起こるのに対して、脊椎変性すべり症は先天的な身体の問題や老化が原因となって生じる脊椎の病気です。脊椎変性すべり症は脊椎分離症に比べ少々複雑で、大きく3つの種類で考えられます。

一つ目は形成不全症(先天性によるもの)二つ目に分離性、そして変性すべり症となります。まず形成不全症ですが、こちらは先天的なもの、つまりは生まれつきのものでお尻が出っ張り身体は反らし気味という姿勢が特徴的です。

身体が硬いので全屈運動が制限されることや、腰痛、また神経麻痺も起こす可能性があります。足先に力が入らなくなることや重度のケースでは排尿障害、尿失禁も起こる病気です。早急な治療をするのが良く、保存治療では無く手術を行う根治治療をすべきです。次に分離性とは脊椎分離症から進んだ症状で、骨が前方へとすべりずれてしまうものです。

先の形成不全症と比べると初期のステージで麻痺を起すようなことは殆ど考えられず、主に腰の痛みがメインの症状となってきます。悪化すると坐骨神経痛を患うことがあります。最後に変性すべり症ですが、前述の分離性もそうですが特に中高年で多い疾患の一つです。さらに男性よりも女性に多いという特徴を持っています。

その理由は老化により背骨同士の間で緩衝材の役割をしている椎間板や椎間関節が衰えてしまうことによって、荷重を支え切れずに骨がずれてきてしまう状態です。骨がずれることでその中心を通っている神経を圧迫すると痛みやしびれが生じ、酷い時には脊柱管狭窄症の症状へと発展することがあります。この場合もあまりに酷い場合には手術治療により根治させることが良いでしょう。医師と相談するのが大切です。