TOP > 脊椎変性すべり症 > 脊椎変性すべり症

脊椎変性すべり症


脊椎変性すべり症は第4番目と5番目の腰椎の間に起こりやすく、また、中年以降の女性に多くみられる症状です。またこの場合、椎弓の上下関節突起部分の断裂はなく、椎間板の変性や椎間関節の変性に関連して起こるものが多いです。

自覚症状としては、腰の痛みや坐骨神経痛、足のしびれなど、また、足の親指に力が入らないなどの足の筋肉の低下もありえます。脊椎変性すべり症は、脊椎の安定に必要な椎間関節に弱みがある場合には起こりやすくなります。

老化によって椎間板が変性を起こし、椎間関節の変性が増すことで、脊椎がゆるみ、第4腰椎の下関節突起部分が、第5腰椎の上関節突起部分を乗り越えて前にずれることで、脊柱管が狭まり、腰の痛みが出現します。

分離症のように脊椎の分離はないですが、椎間関節の弱みが原因となり、椎間板に変性が起こることが主な原因です。腰椎の不安定さによる腰の痛み、靭帯の肥厚などによって、間欠性跛行、坐骨神経痛などの脊柱管狭窄症の症状が出ることがあります。

診断では、筋力チェックや問診をした後、背筋を曲げ伸ばした状態でのレントゲン撮影、MRI撮影、CTなどを組み合わせ、圧迫や安定性の詳細の評価をします。

また治療法としては、安静にしたり、コルセットを装着して患部を固定したり、その他にはリハビリや内服の鎮痛剤、またブロック注射などがあります。

ブロック注射ではより効果的に痛みを緩和でき、また副作用がないという利点があります。またこれらの対症療法では軽減しないおそれも十分にあり、その場合には手術を適用するようになります。

手術では、腰部脊柱管狭窄症や、腰椎の不安定などの要素に対し、神経の除圧をしたり、不安定性が強いケースでは、固定術を用います。

脊椎変性すべり症になったらまず患部を含めできれば全身を安静にすることが最も大事です。また、全てのポイントは痛みが出るよな動作をしないことです。ですのでコルセットなどはかなり効果があります。

中川式腰痛治療法