TOP > 脊椎変性すべり症 > 腰椎について

腰椎について


脊椎変性すべり症は腰椎に多く見られる疾患です。この部位は前半分の部分である椎体と、後ろ側の椎体から形成されています。また、これらの椎体と椎弓の間には、椎弓根と呼ばれるものがあります。

正常な状態ではきれいに湾曲した形に繋がっていて、椎間板や椎間関節により上側がずれないようになっています。また、椎間関節の形、そして椎間板の変性などによって、固定することが困難になってくると、ズレを生じやすくなります。

この状態を、脊椎変性すべり症と呼びます。また、一度脊椎変性すべり症になり、すべってしまうと、成長期でない限り、なかなか癒着することは期待が難しくなってきます。すべりが起こると最も多い症状は、腰の激痛としびれです。

とくに長い時間の立ち仕事や、デスクワークなどで同じ姿勢を続けたりすると、痛みは酷くなります。また、痛みは鈍く、重いような感覚が多く、反る姿勢をすると強くなります。その他にも、下肢にしびれや痛みを持つようになることも多くあります。

この場合は脊椎変性すべり症のすべりがより強くなり、脊柱管が狭窄し、腰部脊柱管狭窄症の症状である、間欠性跛行が出ることもあります。

間欠性跛行は、一定の距離を歩くと、途中で歩くことができなくなり、また休みを取ることで歩行が出来るようになるという症状ですが、前かがみになることで痛みを散らす効果があります。

自転車に乗ることもちょうど痛みを軽減させることになります。治療方法は、脊椎変性による痛みがそれほどでないという場合では、保存療法が選択されます。内容は安静にすること。

そして、コルセットを装着して脊椎変性すべり症による痛みを起こす動作を制限し、鎮痛剤を投与したり、理学療法を試行したり、痛みが増えてきた場合には神経ブロックをすることもあります。

また長い保存療法で腰椎の骨がつかない、あるいは下肢に痛みやしびれが出るようになったというように症状が悪化しますと、手術が検討されることもあります。

中川式腰痛治療法