TOP > 脊椎すべり症 > 足の痛みについて

足の痛みについて


脊椎すべり症には腰の痛みが伴います。またその他の主な症状として、足の痛みがあります。また、しびれなどもありますが、歩行時に起こることが多く、また、脊椎すべり症の症状が悪化すると短い立ち仕事によっても足の痛みが出ます。

また、足の痛みが酷いという場合は手術を検討することが多くなります。主に足の痛みの原因は神経圧迫です。神経痛は、神経根症状と馬尾症状とに分けられます。

神経根症状は椎間孔や脊柱管の中の神経根が刺激されて起こります。また、馬尾症状では馬尾神経、つまりは脊髄神経の束が圧迫されて起こります。この場合、両側の臀部から脚にかけて痺れ、または足裏に異常な感覚を生じます。

脊椎すべり症から進行しやすい症状として、脊柱管狭窄症がありますが、しばらく歩くと下肢にしびれなどが起こり、5分程度休めばまた歩くことができるようになるという間欠性跛行があります。

この間欠性跛行は馬尾症状と共に発症することが多く見られます。神経根症状は治療をすると改善する傾向が強いですが、安静にしている場合でも馬尾症状が出るというケースでは、症状として深刻です。

やはりこの場合では一刻も早い手術が検討されることと思います。しかし、手術には脊椎すべり症が再発するリスクが伴うため出来るだけしない方が賢明です。

もし、足のしびれが出た場合に最も大事なのは、しびれが起きないように対処することです。立位、歩行でも起きるという場合はできるだけ車椅子などを利用するように勧められます。

また間欠性跛行になった場合は、出来るだけ前かがみでの歩行が勧められます。腰から下肢の痛みに発展した場合、多くは手術で改善することが勧められます。

手術をすれば、神経症状はクリアされることが多いですが、また患者への負担も大きくなることが多く、高齢者の方ではなかなか手術が出来ないというケースもあります。

出来るだけ安静にしておいて、リハビリを行いながら、脊椎すべり症の症状を改善していったという例もありますが、稀なケースでしょう。脊椎すべり症の手術を受けられるような体に改善できれば別ですが、高齢者の場合はあまりお勧め出来ない選択です。

中川式腰痛治療法