TOP > 脊椎すべり症 > 脊椎分離症について

脊椎分離症について


脊椎分離症は腰の腰椎の部位に多くみられる症状です。脊椎分離症は、椎間の関節の基部の骨が分離してしまう状態を言います。

また、脊椎分離症の原因として最も多いのは、腰に負担をかけすぎる運動、激しい陸上スポーツなどによって、骨が分離してしまう、あるいは、疲労骨折を起こしてしまうことだと言われています。

脊椎分離症は骨が成熟していない、少年期の男子にも多く見られますが、若い時分に脊椎分離症の治療を受ければ、安静にするだけでも癒合する場合が多くありますが、成人までほうっておくケースが大部分だとも言われます。

またこの症状は、脊椎分離症に伴って出現するケースも多く、椎間関節の脊椎分離により脊椎の安定性が損なわれて発症します。

また、脊椎分離症の無いケースでは、椎間板が変性するために起りますが、特に高齢期の女性に多く見られがちです。自覚症状については、分離症の場合、自覚症状が出ない場合も多いようです。

しかし、長時間の立った姿勢を続けたり、腰を反るような姿勢を滅多にしないのに突然した、という場合に痛みを訴えるケースが多いようです。つまり分離している骨が痛む症状です。

また、進行によって脊柱管狭窄症を起こす場合もあります。他にも、下肢のしびれや痛みなどの神経症状が目立つようになり、それがひどくなりますと、馬尾症状が出現することもあります。

分離症の治療方法は、多くがまず保存療法になります。安静にして痛みを軽減できる可能性がある場合もありますし、コルセットを装着し、また鎮痛剤を投薬しながら痛みを緩和させ、リハビリを取り入れて筋肉の強化を図ることもあります。

ブロック注射は痛みにはより効果があると言われ、硬膜外や神経根に直接注射をし、筋肉の緊張を解き、また自然治癒を期待します。また、初めは多くが保存療法を試行しますが、下肢にも神経症状が出た場合には、手術を検討することが多くなります。

中川式腰痛治療法