TOP > 脊椎すべり症 > 治療について

治療について


脊椎すべり症とは脊椎がずれてしまって、神経を圧迫し、刺激するために起こる病気です。また、脊椎すべり症は脊椎が分離するタイプ、脊椎が変形するタイプの2つが主な症例です。

分離するタイプの脊椎すべり症は、脊椎分離症が進行したものですが、その症状は腰の痛みが主なものです。また、臀部や太股の外側、膝から下の外側などに痛み、しびれなどの症状が出ることも多くなります。

分離症になった場合にはあまり症状が無いという場合もあり、また、少年期の激しいスポーツなどをして疲労骨折を起こすことが原因のほとんどですが、一生に一度も痛みの症状が無かったというケースも珍しくありません。

これは、筋肉や靭帯が強靭な性質を持っている方に多く、しっかりと骨折した骨を支えているからと言われます。また、痛みが長くなかった方でも、仕事を始めてから少しすると痛みを発症する場合も多いようです。

突然の痛みは特にデスクワークをする方に多く、ストレッチや食生活の偏りなどが主な原因と言われています。変形、または変性するタイプの脊椎すべり症は、主な症状は脊柱管の馬尾神経が通るところが圧迫されるため、下肢がだるくなり、長く歩くことができなくなります。

このタイプは高齢期の女性に多いようです。このタイプの脊椎すべり症の症状として、これらの他に、脊柱管狭窄症に進行するケースも多くあります。主な症状の1つが歩行障害です。

200メートル程度歩くと、神経が圧迫されたりして休まなければならなくなりますが、5分程度休めばまた歩けるようになるという間欠性跛行が出現します。

また、腰をかがめるようにすればより長く歩くことができますし、自転車に乗る姿勢がちょうど痛みを軽減します。これらの痛みの症状は、軽度のものもあれば、重度のものもあります。

また、脊椎すべり症の度合いによって治療方法も変わってきます。コルセットをして痛みの原因となる姿勢を矯正しながら、リハビリをする場合もあります。症状が緩和しない場合、手術を決断することもありますが、手術は再発するリスクが高いためあまりお薦め出来ない方法です。

中川式腰痛治療法