TOP > 脊椎すべり症 > 名医について

名医について


脊椎すべり症になると、短期間で改善が見られるケースはそれほど多くはありません。治療はほとんどの場合、長くなるのが常であると言っていいでしょう。また、長引くほど様々な方法を試したくなる方は多いことでしょう。

整形外科で脊椎すべり症の治療を受けた方であれば整体や鍼灸を併用したり、または新しいタイプの体操方法などを探したりされる方もいるようです。また、有名な医師を探す方も多いでしょう。

一口に有名と言っても、色々なタイプの人がいます。整形外科の先生や、整体院、そして鍼灸など、自分の症状にマッチした先生を探すことになりますが、その方法も色々です。

知人の紹介を得る、インターネットで探す、メディアなどで大々的に報道された医師を予約する、などが主な探し方でしょう。また、実績を積んだ確かな名医というものはそう多くいるということはないでしょう。

その場合、遠方から通う場合がほとんどです。近場の病院で治療をされてきた方が、遠距離となりますと、費用もかかりますし、なかなか時間も取れないかと思います。

このように治療を受けるまでにもかなり時間がかかる場合が多くなります。上手くプランを立てれば特に問題はありませんが、長くブランクを作ってしまうのは症状に良くないことです。

タレントのみのもんたさんを執刀した国際医療福祉大学附属三田病院の福井康之副院長は神の手とも呼ばれています。もし、福井先生に手術をしてもらえるのであれば幸運だと言えるでしょう。

しかしながら、福井先生にかかる、ということだけで安心してはならないでしょう。リハビリや食生活の改善、姿勢の矯正は必須です。脊椎すべり症を克服するためには、医師と患者双方の改善するための意思が必要です。

また、運動療法の名医と言えば、中川卓爾先生でが有名です。中川卓爾先生は脊椎すべり症で悩む患者さんを、手術などを一切せずに、体操療法だけで、30年間で延べ1000人以上救ってきた先生です。

また、自宅で1日15分実践するだけで、脊椎すべり症を改善させることができるストレッチも話題となりつつあります。もし、あなたが脊椎すべり症で悩んでいるのであれば、中川式治療法は一度チェックすることを強くお薦めしたいと思います。

中川式腰痛治療法