TOP > 脊椎すべり症 > 脊椎すべり症

脊椎すべり症


脊椎すべり症と呼ばれる病気には大きく分けて2つの種類があります。背骨をつないでいる脊椎骨の接合部分が切れて分離してしまったものを「脊椎分離すべり症」と呼びます。

また、脊椎骨の分離はないですが、背骨と背骨の間にある椎間板が変性、変形し、それによって背骨が変形してしまうものを「脊椎変性すべり症」と呼びます。

脊椎変性すべり症では、主に女性の患者が多いという特徴があります。高齢期にかかる状態で最も多く発症します。その症状は背骨が脊柱を通る神経を圧迫することでおこる神経症状です。

また坐骨神経痛に発展したり、歩行障害になるケースも多く見られます。歩行障害になると下肢にしびれが出ることが多く、腰部脊柱管狭窄症の症状である疑いが強くなります。

特に脊椎すべり症の痛みがひどいケースでは、同時にヘルニアを患っている可能性もあります。このような脊椎すべり症の治療方法としては、痛みはあるけれども我慢すれば収まるという状態を繰り返す、等の場合では保存療法を用います。

保存療法にはコルセットや鎮痛剤、ブロック注射や理学療法等様々なものがありますが、コルセットをしながら鎮痛剤を服用し、また痛みが無いときには体操などをするというように複合的に用いるケースがほとんどです。

また自覚症状が重く、足にも痛みがあるという場合では手術をすることになるでしょう。手術は主に固定術をしますが、骨を移植したり、金属で固定をしたりするため、患者さんにとっての負担が大きくなります。

いくら手術や治療の回数を増やしたからといって、痛みを我慢しながら仕事をするというような場合では改善はほぼ見込めないと云っていいでしょう。

入院している間はもちろんそうですが、家庭でも、スポーツや過酷な作業は避け、出来るだけコルセット等を着けて安静にすることが大事です。運動をする場合にはもちろん主治医とのコミュニケーションから結論を出すことが大切です。

中川式腰痛治療法