TOP > 脊椎すべり症 > 坐骨神経について

坐骨神経について


脊椎すべり症は坐骨神経痛へと進行する可能性が高い病気です。特に中高年の方は、その多くが脊椎すべり症から発展したものであると言われています。その原因は、前方あるいは後方へと滑ってしまった椎骨が、脊椎から伸びる坐骨神経を圧迫してしまうことです。

このような脊椎すべり症のケースの治療方法としては、坐骨神経痛の圧迫を取り去るよりも、腰椎を元に戻すことが先決と言われています。坐骨神経痛の主な痛みの部位は、臀部から太股ですが、脊椎すべり症では下肢の下の部位にも痛みや痺れが出ます。

坐骨神経痛は末梢神経の中で最も太く、長い神経になりますが、神経が腰椎の隙間から出て骨盤を通り、臀部の筋肉までの間で圧迫を受けている可能性が高くなります。

この場合の治療法は対症療法が主に用いられますが、生活指導や鎮痛剤の使用、理学療法、ブロック注射などが主な方法です。日常生活の指導については、安静がまず第一です。

腰椎にかかる重さをできるだけ削減し、また長時間座ったり、立ったりということを避けます。長時間座ったり、立ったりという行為は腰椎に負担をかけるだけでなく、症状を引き起こしやすいからです。

また、コルセットを装着することが義務付けられことがあります。薬物療法では非ステロイド系の鎮痛剤、座薬などが主に用いられます。薬物療法は長期間適用することが多く、胃腸障害などの副作用に十分注意をします。

理学療法ではホットバックを用いて効果的に温めたり、牽引療法を用いることもあります。このような療法は坐骨神経痛へ発展させないための最も良い方法です。

脊椎すべり症ではあまり痛みが無い、ということで生活しながらあまり気にかけなかったという方が、坐骨神経痛の酷い症状に悩まされるというケースも十分にあり得ます。

安静にすることは、出来るだけ脊椎すべり症の痛みを感じないようにすることに他なりませんが、同じような症状ばかりが続くということでもありません。出来れば、食生活などの面からも出来るだけ改善を試みることが必要です。

中川式腰痛治療法