TOP » 整形外科・専門医

整形外科・専門医

すべり症を治すには日常生活を改善する必要がある


すべり症にならないためにも、日頃から腰に負担をかける事が多い方は、生活を改善する事によって、あらかじめ予防していく事を意識していくといいと思います。すべり症は珍しい場合には生まれつきのような原因も存在するらしいのですが、やはり腰にかかる負担や、昔から運動によって負担をかけていた方に多く見られるのです。

昔運動をしていた時の負担は今更どうこうできる事ではありませんが、今現在改善出来る事は色々あると思います。まず腰を歪ましてしまう原因には座り方も関係すると思います。かといって自分で姿勢の悪い事はなかなか気づく事ではありませんが、意識することによって意外とそういった事に気づく場合もあると思います。

なかなか姿勢をきっちりしようと意識すると疲れてしまうと思いますが、様は慣れるまでの辛抱です。そしてデスクワークなどをしている方はこまめに体操をして腰を休ましてあげるのも良いです。こういった些細な事であれ負担を改善する事によって予防に繋がる事もありますし、すべり症になってしまった後にも役に立つ事もあります。症状を悪化させない為になりますし、再発予防にもつながると思います。

またこのように心掛けることは、すべり症に関わらず他の病気の予防にもつながると思います。足腰の病気は日常生活に影響を与えてしまう事も少なくありません。足腰は本当に大事で体は足腰が弱ると、自然と土台となる足から体のバランスを崩していき、膝、腰、首に悪影響を及ぼしていきます。特に高齢者に多い変形性膝関節症などになると、膝の痛みをかばうために自然と不自然な体勢を取るようになり、すべり症にもなりやすくなります。

変形性膝関節症の治療方法には色々とありますが、まずは体の土台となる足を鍛え、体全体のバランスを取ることがとても大事になってきます。病気になってから生活のあそこが原因だったのかと気づいてもそれはもう後の祭りです。いつも通り生活をしていては身体に負担がかかっていると考える事は少ないと思いますし、気づく事も少ないと思います。

しかし少し意識する事によって案外見え方が違ったりすると思います。すべり症にも関わらず病気にならない為にも視野を広くして生活で改善出来るとことは直して病気の予防になりつつ健康な生活を送りたいものです。