TOP > 整形外科・専門医 > 病院について

病院について


腰椎すべり症の治療を受ける場所は様々ですが、ほとんどの方はまず整形外科のあるペインクリニックなどで検査を受け、腰椎すべり症についての確定診断をもらいます。

神経学的所見、問診などを行い、それらと画像検査の結果との一致が見られれば腰椎すべり症と診断されます。また医師による診察を受けることで治療方法を決定していきます。

腰椎すべり症では、日常生活もこなせないような症状が現れず、腰椎固定手術をして腰椎すべり症の患部を操作し根本的な治療をしなくても、改善する可能性が高いと判断されれば、保存療法が基本となります。

また、腰椎すべり症の手術を検討するようになれば、病院選びが治療の成功のためにとても重要な要素になります。この選ぶときの基準として考えられることは、手術の経験数、手術の成功率、医師の技術などです。

また現状、腰椎すべり症などの腰椎の病気については誤診が多いため、手術前には再検査を受け、より症状を明確にしてから手術の準備をすることも必要です。手術をするのであれば、名医にかかりたいという方も多くいらっしゃいます。

日本には腰痛のスペシャリストが数多く存在しますが、特に手術経験の豊富な成功例も多い医師にかかることができれば、それだけ手術に対する心構えも安定してきます。

しかし、テレビにも出演し、神の手とも呼ばれる名医のいる病院は、常に予約で一杯ということもあり、なかなかチャンスが巡ってこない場合も多いようです。

腰椎すべり症の手術を検討するようになって、初めてセカンドオピニオンを導入したり卓越した名医を探したりするのでは時間的な余裕がほぼ無いということが言えますが、前もって病院を検討しておけばある程度、素早いアクションも取ることができますので、家族や知人に相談をしておくと良いと思います。

腰椎すべり症では鍼灸やカイロプラクテイックなど、様々な治療方法を整形外科での治療と併用される場合も多くありますので、腰椎の症状の具合によっては、そのような選択肢も考慮に入れておくと後になって困らずに済むと思います。

中川式腰痛治療法