TOP > 整形外科・専門医 > 禁忌について

禁忌について


腰椎すべり症では、腰椎へ負担をかけてしまうことで症状を悪化させる傾向が強く、また、特に腰椎を反らせる体操やリハビリメニューは禁忌とされます。

保存療法で整体やカイロプラクテイックを用いると、直接患部を操作・矯正することになると思われる方も多いようですが、整体では、腰椎すべり症の症状を改善させることはできても、腰椎すべり症を根本から治すことはできません。

整体療法では、腰椎すべり症に対する体の補正作用を増強するために、体を調整します。また、腰椎の上位にある椎骨、および下位にある腰椎(骨盤等)を矯正します。

この方法では、腰椎がすべってしまっている部位に負担がかからないような方法が採られます。腰椎すべり症の治療方法を選択する場合は、特に患部への直接の操作については手術以外ではしないように意識しておくことが必要になってきます。

薬物療法やリハビリなどの整形外科での治療と他の方法を平行させるという場合でも、特にマッサージや指圧などで幹部を直接圧迫するような方法をとると、すべっている部分を増長させてしまいますので注意すべきです。

病院の治療との並行ということであれば、鍼灸を選択される方は多く、また持続効果が長いため、痛み止めの効果を期待する場合は特に効果があり、病院での腰椎すべり症治療との相乗効果も期待できます。

また、鍼灸では直接マッサージするようなことはなく、体にとっては最も優しい治療方法と言えます。また、よく温泉治療について禁忌の有無が言われますが、痛みが酷い時に熱いお湯につかることは、炎症を引き起こす可能性が高いため、注意が必要です。

腰椎すべり症では腰椎の歪みをサポートするためにリハビリを継続させることが大切です。しかし、思い切った運動で疲れを起こすと、そのことで筋肉が疲れてしまい、かえって腰椎すべり症の痛みを増強させてしまうことも少なくありません。

適度な運動量とは、やや疲れがあるかないか、という程度、という認識が正しく、それ以上の運動は禁忌といえます。

中川式腰痛治療法