TOP > 整形外科・専門医 > 看護とは

看護とは


腰椎すべり症の治療において、手術をした腰椎すべり症患者さんの看護は大切な役目を担います。腰椎すべり症の主な手術方法は腰椎固定術を用いますが、侵襲性が高い術式となり、特に腰椎が弱い高齢者の方は、起き上がるのも一苦労というケースになりがちです。

特に腰椎すべり症の手術の直後は、その成功、または不成功に関わらず、神経症状の観察が重要です。手術による神経圧迫の除圧の確認とともに、急激な腰椎すべり症症状の変化がないかどうかも見守ります。

また、出血に伴って起きることがある血腫内で、固定具の脱転による神経の圧迫が生じていないかをも観察します。

麻酔の覚醒にも違いがありますので、その確認方法は難しく、また、急激な神経症状が認められた場合には、ただちに担当の医師への報告が義務付けられます。どのような病気でも術後の経過では特にこのような初期の観察が重要です。

そして麻酔が覚めてしばらく経ってからは、腰椎への荷重を制限する為にベッドでの安静が第一ですが、体位変換のサポート義務もあります。そのため、患者さんによりよい変換の手伝いをするために、しばしば訓練が行われます。

退院後は患者さん自信が腰椎すべり症に対するリハビリを行うことになりますが、腰椎すべり症のリハビリについては主治医や理学療法士が主に指導をします。

そしてまた、コルセットは日常生活において重要な役目を持ちますが、コルセットの正確な装着方法を指導するのは主に看護する方の役目です。

コルセットは痛みを制限すると共に、弱った腰椎周りの筋肉をサポートする役目を果たします。腰椎すべり症に対して効果的に装着するためには、患者さんの感覚を大事にとり、失敗を繰り返しても成功するまで努めなければなりません。

また、同じ腰椎すべり症でも、患者さん一人一人が違う症状を持っています。カルテをよくチェックして看護に当たり、症状に反して間違った治療をすることは絶対避けなければなりません。

他の主な仕事としては、排泄用具の準備や、オムツを装着する仕事、ベッドのナースコールボタンやリモコン類の整理、使用方法の説明などが主な仕事になります。

中川式腰痛治療法