TOP > 整形外科・専門医 > リハビリについて

リハビリについて


腰椎すべり症の治療では、保存療法が基本となります。まずは安静にし、すべりを起こしている腰椎周りの患部に刺激を与えないようにしながら、コルセットを装着して、より安定を図り、腰椎すべり症の痛みが持続している場合には、薬物やブロック注射を用いて痛みを軽減させます。

また、治療では安静にすることが基本原則ですが、そのことで筋肉は衰え、日常生活への復帰を遅らせてしまう要因となってしまいますので、リハビリによって筋力を鍛えることも腰椎すべり症の改善にはとても重要になってきます。

腰椎すべり症を根本から治すのであれば、腰椎周りの筋力強化は絶対に欠かせません。腰椎すべり症になってしまう原因は人によって様々ですが、ほとんどの場合、腰椎周りの筋力が弱いがために、腰にかかる負担を腰椎自体が受けてしまうために起こります。

この時、腰椎周りの筋力がしっかりと発達してれば、腰椎すべり症になる可能性はとても低くなります。現にプロのスポーツ選手などでよく見られるのが、レントゲン上ではすべりを起こしているのにも関わらず、本人は全く腰椎すべり症などの痛みの自覚がないことが多々あります。

これは、腰椎にかかる負担を筋力がしっかりと受け止めている証拠です。腰椎周りには筋力と腱しかありませんから、筋力を鍛えて発達させることは、腰椎すべり症を改善する上で、とても大事になってくるのです。

また、バランスボールなどを使用して、腰椎周りの筋肉を鍛える場合、それによって他の部位への痛みなどの弊害があるという場合はただちに中止するようにしてください。いくら、筋力強化が必要といっても腰椎すべり症が悪化してしまっては元も子もありません。

また、筋力を鍛える以外にも、リハビリの方法には様々なものがありますが、主治医や理学療法士等との相談によって、その人に合った最適なリハビリ方法を決定することがお薦めです。

牽引療法のリハビリは上半身を固定した状態で腰椎を引っ張る方法ですが、人によって逆効果になることもあり、牽引療法を用いる場合には慎重にその効果を判断しなければなりません。また、低周波治療、電気マッサージ療法では低周波を患部に当てて治療効果を期待します。

水泳や水中歩行など、一般のプール、または流水プールなどでの水中運動は、一般に多くの腰椎すべり症患者さんにとってメリットがあります。水中での浮力を利用して、腰椎への負担をほぼゼロの状態にして運動することも可能です。

水中歩行をすることによって、陸上での歩行以上により、腰椎周りの筋肉をより多く鍛えることができます。このプールなどでの水中リハビリテーションは、プロスポーツ選手の腰椎すべり症の場合では、アスレチックトレーニングの一環としても幅広く用いられています。

腰椎の老化を止めることは不可能です。しかし、腰椎周りのストレッチや筋力トレーニングを行うことによって、体を健康な状態に戻すことが可能です。また、このことで腰椎すべり症をある程度防ぐこともできます。

どのようなリハビリが腰椎すべり症に効果があるのかは、患者さんごとに異なりますが、努力して色々と試していくことによって、必ずその人に合った方法が見つかると思います。

中川式腰痛治療法