TOP > 整形外科・専門医 > 専門医をお探しの方

専門医をお探しの方


腰椎すべり症を発症した場合、多くの患者さんは整形外科での治療を選択します。また、大きな病院では脊椎や腰椎の専門医も多くいますので、特に腰椎すべり症の手術を受けることを決断された場合、大きな病院や脊椎専門の病院を探す方は多いようです。

腰椎すべり症の専門医を探す場合にとても有効な目安として、日本脊椎脊髄病学会の登録医を探すという方法があります。インターネット上には専用のサイトもありますので、こちらから病院を検索してかかるという方も多くいらっしゃるようです。

また、腰椎すべり症専門の治療を受けたい場合、整形外科以外でも脊椎専門の整体院などがあります。有名な整体院に通って、優れた結果を得たという方も多く、腰椎すべり症の保存療法の選択の仕方にも様々である、といういい実例です。

あるいは腰椎すべり症の保存療法は主に専門の病院で受け、相乗効果を得るために鍼灸を併用する、という方法を薦める方も多くいらっしゃいます。しかし、ここで一つ気を付けて頂きたいのが、下手に整体院や鍼灸院を利用すると腰椎すべり症の症状が悪化してしまう方も多くいます。

整体院や鍼灸院は腰椎すべり症自体を完治させるというよりも、腰の痛みによって、体に余計な負担がかかっている箇所の筋肉などを緩和させることです。もちろん、腰椎すべり症自体を治してしまう場所もあるかとは思いますが、ほとんどの場合は緊張している筋肉を緩和させる目的で使用します。

腰椎すべり症を治せないのであれば、治療を受ける必要がないのではないかと思われる方はいるかもしれませんが、そんなことはありません。腰の痛みによって体に負担のかかっている筋肉の緊張を取ってあげるだけでも、体が楽になりますし、腰椎すべり症の痛みも和らぎます。

要は考えた方一つで、腰椎すべり症を完治させるために必要な一つの治療と考え、施術を受けるようにすれば良いのではないかと思います。これはその人によって考え方が変わってきますので、よく考えてから施術を受けることを決めればいいと思います。

また、腰椎すべり症の重度が軽くても、早期の復帰をするために近くの病院での手術を選択する、というよりも、やはり腰椎や脊椎に関する専門病院で、腰椎すべり症に関する手術経験も1000以上あり、成功率も高いというところで手術を受けたほうが後々の心配が少なく、安心できると思われます。

腰椎や脊椎に関する診断は誤診がとても多いと言われていますが、比較的大きな専門の病院であればかなり可能性は低くなります。また、腰椎や脊椎の治療では、日本よりもアメリカや韓国を選択する方が多くいらっしゃるようです。

お隣の韓国では、日本で治療を受けるよりもコストが安く、難しい状態の手術でも短期間で退院ができるとのことです。医療ツーリズムというシステムを使用すれば、適用できる病院であればすべて日本語で対応してくれるところも多いようです。

保存療法を選択した初期の患者さんで、一度ブロック注射を受けてみたい、という場合、施術経験が豊富で腕の立つ専門医が多くいるようですので、そのような情報をたどっていくのも1つの方法と思います。

また、手術やブロック注射を打たずに腰椎すべり症を治してしまう有名な先生と言えば、中川卓爾先生ではないでしょうか。中川卓爾先生は車椅子生活を余儀なくされていた方や、ブロック注射を60回打っても治らなかった多くの重症患者さんを治してきた先生です。

また、腰痛患者においては、30年間で50万人以上の方を治してきた実績もお持ちで、こちらも名実とともに、腰椎すべり症の専門医と言えるのではないでしょうか。手術やブロック注射を受けたくない方は、中川先生の治療法を一度、試されてみてはいかがでしょうか。

中川式腰痛治療法