TOP » すべり症 » 名医について

名医について


症状を改善する場合、保存療法で対応出来る場合には、どのような方法を選択するかについて迷う方は多いかと思います。

まずは整形外科でレントゲンを撮ってから決めるという場合でも、そのまま診断を受けながら保存療法を試す方もいらっしゃれば、他の病気で通いなれた、鍼灸や整体などを受けるという方もいらっしゃると思います。

しかし、気を付けて頂きたいのがカイロプラクティックです。カイロプラクティックを受けて、症状が悪化してしまう方が後を絶ちません。もちろん、症状が改善される方も中にはいますが、8割以上の患者さんは症状が悪化してしまった経験をされています。

また、カイロプラクティックは、厚生労働省から正式な通知があり、「すべり症の治療には適していない」、と発表されています。その他にも、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、分離症などにおいても療法として適していないと、発表されています。

ですので、鍼灸や整体を受けるのであれば、この点に注意して、カイロプラクティックは出来るだけ受けないようにするべきです。高い料金と時間を使って、症状が悪化してしまったら、何にもなりません。

また、名医を探すという方も多くいるようです。なかなか治るのが難しいと言われる病状ですし、仕事で忙しい方であれば尚更のことでしょう。すべり症の名医にも色々な先生がいます。

また、自分で地道に探してやっと巡り合う先生もあれば、テレビなどでも評判になっている先生に予約する方もいらっしゃるでしょう。後者であればより簡単に見つけることができますし、評判についてもあまり間違いというものが無く、便利に感じるでしょう。

タレントのみのもんたさんの執刀を担当された国際医療福祉大学付属三田病院の福井先生ですが、海外からも予約が殺到するほど人気です。

予約をするのはいいですが、なかなか順番が廻ってこない場合、症状が悪化してしまうというようなことにならないように注意すべきです。

自分に合った先生を広範囲に探す場合、インターネットも役に立ちます。検索サイトで案内ポータルをチェックしたり、詳細をチェックしながら、かなり信頼できる情報にたどり着くことも出来るかと思います。

あまり遠方の場合にはすべり症の治療を受けるにも、なかなかアクセスできないなどの不便が起こる可能性がありますので、交通アクセスや料金などは予め目安をつけておくのがお薦めです。

改善するのは患者自身の気持ちの入れ方次第とはよく言います。名医にめぐり合うことができても、最後は患者の姿勢が最も大事であることを忘れないようにしてください。

中川式腰痛治療法