TOP > すべり症 > マッサージについて

マッサージについて


この病の治療方法には、患部を温めたり、背骨周りの筋肉を鍛えるなど様々な方法がありますが、腰や首の痛みが出る時によく行われる治療にマッサージがあります。

では、このような治療方法は本当に効果を発揮するのでしょうか。この辺の疑問を持たれている方は多くいらっしゃいます。

基本的にマッサージというのは、筋肉の緊張をほぐす目的で行われることがほとんどです。すべり症になると、激しい腰の痛みや足のしびれが出ることが多く、その痛みを避けようと体が勝手に防御反応を取ります。

つまり、痛い部分をかばうようにその他の部位に負担を掛けてしまうということです。一番著書に出るのが背中です。背中の筋肉の緊張状態が高まると、背中が突っ張ってきたような感じになり、とても辛い状態になります。

また、背中の筋肉が緊張をすると、その腱に沿っている、肩周りや首周りの筋肉も同時に緊張をしてくるので、首や肩が辛くなってきます。そうすると体全体がとても辛い状態になり、体がとても重く感じることもあります。

この筋肉の緊張を解消する目的で行われるのがマッサージです。そして、この筋肉の緊張状態を解消すると、体がとても楽になり、痛みも軽減されていきます。

また最近では、整体院や鍼灸院などで、特定患者向けのマッサージを行っているところも多くあります。

大きく前方にずれ込んだ背骨を元の位置に戻し、神経の圧迫を解消させたり、痛みによって緊張状態になった筋肉をほぐして痛みを和らげるなど、様々な処置を施して治療するところがあります。

このように専門的な知識を持つ人が行う治療は、非常に高い効果を発揮します。特に初期症状の場合なら、痛みを抑えつつ、軽い運動などを繰り返していれば痛みが改善されることは多くあります。

しかし、専門的な知識を持たない人が行うと非常に危険です。腰や首が痛いからと思い切り指圧などをしてしまったら、症状を悪化させたり、脊柱管狭窄症などの別の病気を引き起こす原因にもなります。

もし、マッサージを治療として利用する場合は、この点に気を付けて受けることが必要となってきます。

中川式腰痛治療法