TOP > すべり症 > 子供に多い原因

すべり症が子供に多い原因


すべり症とは、体が成長していない、小学生から中学生の子供に最も多く発症します。主な原因は、腰椎を支える筋肉や靭帯、椎間板といった大事な組織がその健康な状態を失うことで、腰椎が前後へと少しずつ滑ってしまうことにより、症状を発症していきます。

子供の状態を確認するには、レントゲンなどで確認をするとはっきりと分かります。最初はさほど痛みがなく、しばらくすれば治るだろうといった感覚で片付けてしまうと、症状を悪化させてしまうことになりかねませんので、注意が必要です。

症状が酷くなっていくと、急激な痛みや痺れ、椅子に座っていることも困難になるほど症状が悪化していきます。痛みの原因は、腰椎に重いストレスをかけたり、腰を反る作業を何度も繰り返したりと、長期間に渡って負担をかけ続けていると、徐々に骨が前方へがすべり出してきます。

その状態で、脊髄神経を圧迫することが主な原因です。また、筋肉疲労も重なります。すべった状態を元に戻す反応が出来なかった筋肉は弱っている場合がほとんどで、その筋肉が痛みを訴えるのです。

筋肉疲労などにより、全身に歪みが蔓延してきますと、疲労感が広がりますので、そのことでも半端な対応をしてしまう恐れが十分に考えられます。また、坐骨神経痛へ進行する場合も多くなります。

実際のデータからも、中高生の坐骨神経痛の多くが、すべり症の慢性化から発展したものであると言われています。腰椎のすべりによって、やがては脊椎から伸びる坐骨神経を圧迫してしまい、痛みも増えてしまいます。

また、坐骨神経痛の原因であった場合、元々の原因である腰椎を元に戻すことが先決になります。坐骨神経痛だけではなく、椎間板ヘルニアへ進行するケースも多くあります。

歩行しているうちに歩行困難になり、少し休めばまた歩けるように回復するという症状が出たらかなり可能性は高いでしょう。このような状態を間欠性跛行と言いますが、間欠性跛行になる前に、より慎重に早期に対処しておくことが望ましいもです。

間欠性跛行は主に脊柱管狭窄症の症状に多くみれますが、重度の方に多くみられます。間欠性跛行を起こすと、日常生活もままならなくなってきます。また、酷くなると、立つことや歩くことも困難になり、車椅子生活になる場合もあります。

このように安易に考えていると、大変な事態になってしまうこともありますので、ご自身の腰に違和感などを感じたら、早め、早めの診断を受け、もし、診断を受けてしまったら、1日も早い治療が求められます。

また、子供の場合は、親がしっかりと子供の体の状態を把握するようにして、少しでも異変を感じたら、出来るだけ早く医師の診断を受け、適切な治療をすることが求められます。

中川式腰痛治療法