TOP > すべり症 > 鍼灸治療について

鍼灸治療について


腰痛のため整形外科等でレントゲンを撮り、すべり症と分かった場合、そのまま病院で保存療法をするケースが多いかと思います。また、鍼灸院での手当てを併用する方も多くいらっしゃいます。

この療法は、すべり症患者が出来る限りの回復への機会を得て、また回復までの時間を短縮させるためにはとても有効であるとおっしゃる方は多いようです。

鍼灸院でのこの病気に対する主な処置方法は電気を用いる方法のようですが、特殊なものも用いる場合があります。また、頑固なすべり症の患者さんであれば、より多岐に渡って施していきます。

鍼灸は改善した方がまた元通りの痛みを発症することを予防するためにもとても効果があります。鍼灸は刺激によって周囲神経の痛覚神経の痛みの信号を遮断し、脊髄の刺激信号に対する反応を抑制します。

また、鎮痛効果をもたらすと同時に、脳のエンドルフインを増やし、モルヒネも増やしますが、これらの総合作用により、鎮痛効果をより高めることができます。

また、急性期の患者さんの場合、癒合をより早くするための効果もあります。正し、骨を元に戻してしまうというような不可逆的なアプローチとは違い、だんだんと効いてくるというような方法です。

基本的にすべり症の場合、健常者に比べて、慢性的なだるい痛みの腰痛になる傾向が強いため、腰椎の分離部周辺の筋肉の血流改善や、腹筋や下肢の筋緊張を緩め、コルセットの役目を果たせるようにすることが大事です。

また、血流改善方法によって、乳酸などの疲労物質が溜まらない体を作り上げる効果もあります。また、病院で他の方法も受けているのであれば、主治医によく相談することも必要です。

あるいは医師のほうから、他の方法についての制限などをアドバイスする場合も多いでしょう。このことはカイロプラクテイック等の様々な療法にも言えることです。

そして、一つだけ気を付けて頂きたいのは、鍼灸治療は経験の浅い施術家が施術をしてしまうと、返って症状が悪化してしまうことがあります。これは、カイロプラクテイック療法にも言えることです。

まずは施術を受ける前に、しっかりとその施術家の話を聞き、自分の症状を明確に伝えた上で、本当に改善効果があるのか、それとも施術を受けない方が良いのか、しっかりと確認することが大事です。

また、口コミやインターネットなどの書き込みも出来るだけ利用して、徹底的にその鍼灸院を調べ、また、あなたと同じような症例を経験していないかなど、しっかりと調べるようにしてください。

これを怠ると、せっかく高い施術代と時間を使って治療したにも関わらず、返って症状が悪化してしまっては、とても残念な結果になってしまいますので、その部分の見極めがとても重要になってくるかと思います。

中川式腰痛治療法