TOP > 腰椎変性すべり症について

腰椎変性すべり症について

腰椎変性すべり症とはどのような病気なのか?


腰椎変性すべり症とは、腰椎が前後にずれてしまった状態を指し、老化に伴い起こることが多いですが、特に中高年の女性に多くなっています。発症する原因としては主に老化、つまり加齢により腰椎部分における椎間板や筋肉、また靭帯が十分な強さ・柔軟性を失ってしまうことで、その機能が不安定になり、腰椎にかかった衝撃を受け止めることが出来なくずれてしまいます。

このとき骨がずれることで、脊柱を通る神経が圧迫されることで腰の痛み、下肢に痛みやしびれが起こることがあります。症状が進行すると長時間歩くのが辛くなることや、安静にしていても痛みやしびれを感じるようになります。治療方法としては、殆どの場合が直ぐに手術をするというようなことは無く、保存療法が選択されます。保存療法としてはコルセットを着用することで腰の痛みを予防・軽減することが出来ます。

また、日常の生活を見直し、特に腰に負担のかかるような習慣があればその動作を避けるようにし、極力腰への負担を減らしていくという生活習慣の改善も行われます。とにかく安静にするということが症状を悪化させない一番の方法とされています。時に消炎鎮痛剤といった薬物療法を併用し、痛みが落ち着きを見せた後にストレッチやリハビリといった運動療法で筋力をつけることで痛みが発生するのを軽減することが出来ます。

しかし、これらの保存療法で大きな効果が得られなく、痛みをとるために神経ブロック注射などが用いられることがあります。神経ブロック注射は痛みを伝える神経を局所麻酔薬で麻痺させるもので、非常に高い鎮痛効果と即効性を持っています。以上のような方法でも一向に改善が見られないのであれば、例えば脊椎固定術や除圧術といった手術が施されることになります。