TOP > 腰椎変性すべり症について > 腰椎の変形について

腰椎の変形について


腰椎変形すべり症とは、腰の骨の関節や椎間板の加齢的変化によって背骨が変形、ずれを起こし、腰の痛みを起こす症状です。中年以降の女性に好発し、また4番目と5番目の間ですべりを起こすことが多い病気です。

初めのうちは、腰の痛みだけを訴えることがほとんどですが、進行によって足の痛みやしびれ、または歩行障害など、腰椎脊柱管狭窄症と極めて似ている症状が起こります。

すべり自体は腰を前に曲げるような姿勢をとることで強くなることが多く、また逆に痛みなどの症状は腰を後ろに反らすようにすると神経圧迫が強くなって増強します。

このすべり症の診断はレントゲンで行います。そしてより詳細に圧迫などの様子を見るためには、MRI検査を行います。治療の初期の段階では、コルセットなどで患部を固定して痛みを起こす動作を制限し、出来るだけ安静を保って自然治癒の効果を期待します。

また、症状に合わせて湿布や鎮痛剤などの内服薬を使用し、痛みを抑えます。初期の段階から慢性期へと代わり、痛みも比較的我慢できるような軽いものになってくると、肥満が見られる場合にはそれを食事で解消したり、筋肉トレーニングをして特に腹筋などの腰周り、脚の筋肉などを鍛えます。

慢性期でも安静が基本であることに変わりはありません。仕事をして重いものを持ったり、長時間の座位、立位などを維持することは禁忌の行為です。

このすべり症の治療は短期間で済むという例はほとんどありません。また治療によって改善し、社会復帰ができたとしても、リハビリや姿勢の矯正、食事の偏りの解消など様々な面での注意を向けていくことが必要になってきます。

改善の兆しが一定期間現れないという場合には変形を起こしている部分の手術を検討することになります。手術では主に固定術を用い、神経の通り道を広げて、さらには金属や人工の骨などで固定します。侵襲性が高く、高齢者の手術では慎重を極めます。

中川式腰痛治療法