手術について


腰椎変性すべり症の基本は保存療法です。つまり腰椎変性すべり症の患部を外科的に操作しなくても、充分に腰椎変性すべり症改善の余地はあると言われています。

しかし、一定期間内、ここで言う一定期間内とは通常は約三ヶ月程度を指しますが、継続的に治療をしているにも関わらず、腰椎の痛みが治まらなかったり、変性した腰椎が戻らなかったり、坐骨神経痛の症状も治まらないという場合には、腰椎変性すべり症の手術を検討していきます。

腰椎変性すべり症の手術は、すべりの矯正、変性した腰椎の修復、及び神経の圧迫を緩めることを目標とします。圧迫をするだけの場合もありますが、腰椎変性すべり症の状態をチェックし、より再発を防ぐ処置が必要と判断された場合に変性した腰椎の修復などの矯正も行っていきます。

変性した腰椎の矯正の方法は骨をつないで固定するものです。早期復帰のためにインストルメンテーションと呼ばれる医療金具を用いて固定する場合、患者自身の骨盤などから移植する場合、人工骨を用いる場合に分けられます。

あるいは、腰椎の椎間板が消失しているという場合、小さく切開をしてそこから内視鏡を挿入し、腰椎の神経圧迫を緩めるだけの方法もあります。出来るだけ低侵襲性のものを用いるべきと判断された場合にも有効です。

腰椎変性すべり症の手術を受けるとなると保存療法よりも体への負担が大きくなり、心の準備とともに、他にも色々な準備が必要になってきます。一ヶ月程度入院しなければならない場合も多くありますので、費用や仕事の整理などは充分に考慮しておかなければなりません。

腰椎変性すべり症の術後は安静にすることが大切ですが、一夜明ければそのまま歩行訓練などをしていきます。特に坐骨神経痛を発症していた患者さんの場合では、術後は脚に麻痺などが残る場合も多くありますので、脚の筋肉のトレーニングを出来るだけ早期に開始することが必要です。

歩行は歩行器や手摺りを利用しながら、徐々に距離を延ばしていき、補助具も手放していきます。リハビリをしながら経過も順調で、特に矛盾がなければ、場合によっては早期の退院ができます。

退院後は主に痛みに備えてコルセットの装着なども考慮に入れながら、自宅やジムなどでの計画的なリハビリを継続していくことが大切になってきます。

中川式腰痛治療法