TOP » 腰椎すべり症について

腰椎すべり症について

腰椎すべり症を察知するにはどうすればよいか


病気になっている事に気づかない事は想像するだけでも恐ろしく感じます。しかし病気の症状によっては病院へ行って検査をしてもらわないと気づく事の出来ない病気もありますし、よくありそうな症状の為気づかない事もあります。その一つとして腰椎すべり症が言えると思いますが、特に多く見られる症状は腰の痛みとしびれと言われています。

腰の痛みは大体の人が感じた事のある症状なので、それが病気によるものということを察知する事は非常に難しいと思います。ただ腰椎すべり症によって起こる腰の痛みは、長時間動作している事によってさらに痛みを増す事もあるので、そういった部分では気づくきっかけになるのではないでしょうか。

この病気をきっかけに腰部脊柱管狭窄症が起こってしまう事もあるのです。腰部脊柱管狭窄症とは腰の神経が何かに圧迫される事によって症状が出てしまう病気の事なのですが、これによって起こる症状は足など下半身に感じる痛みやしびれが多いのです。

症状に気づかないで状態が悪化してしまい、気づけば腰部脊柱管狭窄症まで起きてしまっていることも可能性としてはあると思います。しかしこの病気の症状が症状なだけに少なからず異変は感じると思います。足にしびれや痛みを伴うのは長時間歩行したときなどに現れるのですが、少し休憩を取る事によって回復するのです。

この休めば回復する事がまた大丈夫だろうといった考えに陥る原因になりそうな部分でもあります。しかし腰部脊柱管狭窄症まで起きてしまうと日常生活に支障を与えてしまう事も十分にあるので、せめて初期の段階で察知したいのです。

腰痛だけで病気と察知するのは難しいかもしれませんが、こういったさらに病気が起こってしまうという展開があると知っていればいつもと違う様な腰痛を感じた際に病院へ向かう事が出来るのではないかと思います。