TOP > 腰椎すべり症について > 原因について

原因について


腰椎すべり症の原因となるのは、主に生活習慣と外的要因の2つが考えられます。また、腰椎すべり症の痛みなどはその人の腰の状態によって大きく異なってきます。

腰椎すべり症は、小学校の高学年から中学2年生、中高年の女性に特に多いのが顕著です。小学生から中学2年生に腰椎すべり症が発生する主な原因は、体がまだ成熟しきれていな時期に激しいスポーツをすることにあります。

小学校の高学年から中学2年生の時期は、人の体としてはまだまだ未熟児で、骨や筋肉が出来上がっていない状態です。この時期に激しいスポーツを常に行っていると、腰椎を筋肉や腱だけではサポート出来ず、直接腰椎に負担を掛けてしまうことになります。

そうしますと、骨と骨が割れてしまい、腰椎すべり症を発症してしまうのです。また、すぐに気が付けばいいですが、子供は腰椎すべり症を発症していても、自覚のない子が多く、かなりの腰の痛みを発症してから気が付く子がほとんどです。

ですので、親が子供の様子に出来るだけ気を配り、体のコンディションなどをしっかりとサポートして上げることが、腰椎すべり症の予防には大事になってきます。

また、腰椎分離症は中高年の女性にもとても多く、主な発症原因は腰椎を支えるための筋肉や靭帯、椎間板が衰え、また強度を失うことが原因です。この衰えの原因としては、長時間の立ち仕事や、その他、生活習慣によるものと、老化によるものがあります。

また、先程も腰椎すべり症は小学校の高学年から中学生の身体がやわらかく、発育途中にある子供が多く発症するとご説明しました。激しいスポーツには色々とありますが、ジャンプや腰の捻りを繰り返すようなスポーツを過度に行うと、腰椎の後方に亀裂が入って疲労骨折を起こす、腰椎分離症が発端となります。

分離から骨がすべってしまう経緯は、腰椎の不安定が長期化して、徐々にすべることです。また、分離症は先天性の骨の異常によって起こることもあり、床においてあるものと持ち上げたり、しゃがんだりと、前かがみになることで腰につっぱり感や痛みなどを感じます。

現代的な生活習慣によって腰椎すべり症が発症する可能性は高まってきていると言われています。特に長時間の座位、デスクワークには危険が大きく潜んでいます。座位をとることで特定の腰椎にばかり負担がかかり、わずかづつすべってしまい進行するケースが多くあります。

腰椎すべり症の予防には、一定間隔をおいてストレッチをするなどの習慣を付けることが大切ですが、パソコンなどで仕事をしているとパソコンを離れることがなかなかできない、というような場合が多くあります。

このように時間を置けばストレッチできるようになる、と思ってはいても、終業の時間まで座りっぱなしだった、ということは非常に多くの方が経験していることと思います。

また、分離症の原因として最も多いと言われている激しいスポーツでは、特に陸上でのチーム球技が危険と言われます。練習をしたら、その後、充分にリラックスする時間を作り、入念なストレッチなどを行い、しっかりと体のケアをすることが必要になってきます。

中川式腰痛治療法