TOP > 腰椎すべり症について > 症状について

症状について


腰椎すべり症は、生活習慣や加齢などが原因となって、腰椎を支えている椎間板や靭帯、筋肉がその機能、柔軟性を失っていき、腰椎がすべってしまう症状を言います。

また、腰椎すべり症はぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどのように激しい痛みが起こることが稀で、早期の治療をしないでそのまま放っておくことが多いため、慢性化させてしまう場合が多くあります。

また、腰椎すべり症で痛みやだるさの原因となるのは、神経の圧迫と筋肉疲労です。滑った腰椎が姿勢の変化によって脊髄などに触れることで、神経圧迫を起こし、痛みの症状を伴います。

慢性的な場合、坐骨神経痛を起こすことが多くなります。前方へとすべった椎骨が脊椎から足先まで伸びている坐骨神経を圧迫すると、臀部から太股の裏側にかけての痛みやしびれが顕著になります。

つまり、坐骨神経痛によって診断を受け、結果的に腰椎すべり症と診断される場合も多くあります。また、腰椎の分離症から進行したケースでは、腰椎が分離してズレが起こっているために上体が前にせり出すように姿勢が変化して見えることがあります。

坐骨神経痛の他には、脊柱管狭窄症への進行が起こる可能性があります。背骨の一部が前方へ突出した状態になってしまい、このことで脊髄中枢神経が通る脊柱管が狭くなってしまいます。

そして脊髄中枢神経が圧迫されると、神経痛が起こります。主には背中を反らせるような姿勢をとった場合に神経圧迫が起こり、痛みがひどくなります。また、脊柱管狭窄症では間欠性跛行の症状が顕著となります。

間欠性跛行は歩いているうちに、徐々にしびれや痛みが起こり、歩行困難が激しくなって休まなければならなくなり、またしばらく休むことで回復し、歩き出すことができるようになる、というものです。

背骨を前かがみにしてかばうことで歩行距離を延ばすことができるようになり、自転車の姿勢にも同様の効果があります。この間欠性跛行が出た場合には特に早急な治療が必要となってきます。

そして、腰椎すべり症の症状を根本から改善するには、アンバランスの体をストレッチなどにより整えることと、運動療法などを取り入れた、筋力トレーニングが必要となってきます。

腰椎すべり症は腰椎周りの筋力強化が必須になりますが、その前に体のアンバランスを整えなくてはなりません。腰椎すべり症のほとんどの方は体のバランスを崩しており、この状態で筋力トレーニングを行っても、腰椎すべり症が悪化するだけで何の意味もありません。

まずは、腰椎周りの筋力強化に入る前に体のアンバランスを整える必要があるのです。体のバランスが元に戻ったら、腰椎周りの筋力強化をしていきましょう。

ですがその場合、自己流などで行うと症状が悪化する恐れがあるので、必ず専門家の指導の元、実践されるようにしてください。今、お伝えした方法が腰椎すべり症の症状を根本から改善する唯一の方法です。

中川式腰痛治療法