TOP > 腰椎すべり症について > コルセットの選び方

コルセットの選び方


腰椎すべり症では安静治療や保存治療、手術をする上で重要な役目を担うのがコルセットなどの装具品です。

腰椎すべり症の初期症状では、痛みが激しい場合が多くあり、まずは一定のレベルに治まるまで安静にする必要があります。その場合、コルセットを装着することにより、腰椎の動作を制限することで、症状を悪化させないようにする効果があります。

初めは軟性のゴムなどで出来たものを装着しながら慣らしていき、次第に硬性のものを利用して、より楽に腰椎を安定化させていきます。

また、腰椎すべり症では保存療法を継続しながらも仕事をしたり、家事なども毎日しなければならない方にとって、コルセットはとても便利な道具になります。

重いものを持ち上げるような仕事は敬遠しなければなりませんが、それでも必要になった場合は、補助用に専用のものを用意するケースもあります。

コルセットは腰椎周りをしっかりとサポートするために、腰全体に巻くように装着します。このことで、筋肉自体に力を入れたような状態にすることが可能です。

つまり、腰椎をしっかりと支えている状態になるため、負担を軽減し、腰椎すべり症の痛みを和らげていく効果が期待されます。

腰椎すべり症の術後はベッドの上で装着することもあります。また、歩行訓練などのリハビリを開始する場合も、初めは装着しながら短い距離を歩いたり、補助具を用い、階段を利用するなどして脚の筋肉を生活に支障が出ないように鍛えます。

固定術などの手術を受けた場合は、装着することが義務付けられます。ですが、はっきりとお伝えしておきたいのは、コルセットとは一時的に痛みから解放されるための手段に過ぎないということです。

長い間、装着をすれば筋肉は衰えてきて、特に腰椎すべり症の改善にとって大切な筋肉の衰えは顕著に現れてきます。

ですので、腰椎すべり症の痛みが無い場合には充分に腰椎周りのトレーニングをして、出来るだけ装着しないようにして、生活できるように改善しなければなりません。

また、だんだんとサポート力の弱いものに変更していくなどすれば、比較的楽に腰椎すべり症を改善させていく方向に持っていくことが出来るようになります。

腰椎すべり症を根本から改善させるには、崩れている体のアンバランスをしっかりと整え、その後、すべってしまっている骨をサポートするための筋力を腰椎周りにつけることが、必要となってきます。

腰椎すべり症は治らないと思っている方も多いですが、正しい治療と毎日の継続を怠らなければ、改善することは出来ます。

また、この病気は中学生位の子供に多く発症しますが、子供の場合、体も成長していませんから、筋力をつけていくことが難しい場合もあります。

その場合、ご両親がしっかりと子供のサポートしてあげながら、決められたトレーニングメニューをこなしていければ、必ず改善の方向に向かっていきますので、最後まで諦めずに治療を継続させていって欲しいと思います。

中川式腰痛治療法