TOP > 腰椎すべり症について > 腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは


腰椎すべり症は、体が未発達な幼少期に激しいスポーツなどをしたことにより、発症する例が非常に多いですが、中高年にも起こることが多く、腰椎の歪みを伴う病気の一つです。

背骨の構成する骨である腰椎を支える筋肉や靭帯、椎間板などの組織が、主に加齢や、悪い姿勢を代表とする生活習慣の歪みによって、その健康さを失うことにより、徐々骨がすべってしまい、痛みなどを発症するものです。

ぎっくり腰や急性の椎間板ヘルニアと違い、わずかの痛みなどの違和感を感じはしても、いつものように少し休めば治まるだろう、というように病気としての自覚を持ちづらいという特徴があります。

実は、腰椎すべり症はそこがやっかいなところで、症状が重度になるまで気が付かずに過ごしてしまう方が多くいます。しかし、気が付いた時には遅く、かなりの腰椎すべり症を発症してしまっている例が多く、かなり辛い症状であることが多いです。

腰椎すべり症の痛みや違和感の原因になるのは、神経圧迫と筋疲労です。神経圧迫は姿勢を変えた時にすべった骨が神経に触れて、痛みを起こし、その結果神経の反応が長引いて、慢性的な疲れなどを起こすことも多くあります。

筋疲労のほうは、骨がすべってしまうことにより、正常な状態とは関係のない部位に移動することで、体全体のバランスが崩れ、徐々に一部の筋肉などに負荷をかけすぎることによって起こります。

腰椎すべり症は、突出するという意味では、椎間板と、腰椎そのものとの違いだけですので、椎間板ヘルニアであると言い換えれば分かりやすいと思います。

治療方法については、急性期による腰の痛みが酷い場合、コルセットによる患部の保護、痛みを生じないように生活を送る方法の指導、消炎鎮痛薬や硬膜外ブロック注射などによる痛みのコントロールなどが多く用いられます。

主な目的はこれ以上、骨がすべってしまうことを停止し、安定化することです。また、急性期を過ぎ、痛みが治まってきた慢性期に入ったら、腰周りを強化し、筋肉のコルセットを作ることが大事です。

腰椎すべり症はスポーツ選手などが多く発症しますが、痛みがない選手は多くいます。これは、しっかりとした筋肉のコルセットがあるためです。

この筋肉がしっかりしていると、腰椎すべり症を発症していても、痛みが出ないことが多くあります。このようなことから、腰椎周りの筋力強化が求められているのです。

その他、保存療法以外に、手術を検討することもあります。形成不全性の場合では、腰椎下垂症に進行する危険があるため、保存療法を試行せずに手術を検討します。

また、分離症から進行した場合でも、半分以上すべっていれば手術を検討します。日常生活、仕事、スポーツなどを早期に正常化させたい、という場合もあり、多くは手術での早期治療を決断します。

しかし、腰椎すべり症の手術をした90%以上の方が、術後半年以内に痛みを再発していますので、手術をするときはリスクを良く理解した上で、実行することが求められます。

中川式腰痛治療法