TOP > 腰椎すべり症について > 痛みについて

痛みについて


社会の高齢化に伴って、運動器症候群を持つ人が増えています。これらは運動することに障害を持ってしまい、一人では日常生活ができなかったり、補助具などを用いる必要が出てくる症状です。

骨の老化や骨の変性、疲労骨折などによるものがほとんどで、特に腰の部位での症状が多く起こっています。腰椎すべり症は腰椎のうちの1つあるいは複数が主に前方へとすべってしまい、すべった腰椎が近くの神経を圧迫して痛みやしびれが起こる病気です。

腰椎すべり症の主な症状は腰に出ますが、重い感じ、慢性的なだるさ、という場合も多くあります。神経圧迫は特定の姿勢をとった時に起こることが多くなりますが、そのような姿勢を取ることは腰椎すべり症の悪化を招くのみですので、腰椎すべり症では禁忌となっています。

腰椎すべり症の治療方法は2通りあります。まずは痛みが激しい急性期の場合、まずは安静をとり、コルセットなどで患部を固定することで禁忌姿勢を制限します。また、慢性化すると筋肉疲労を起こすことも多くなりますので、理学療法を用いて治療することも多くあります。

慢性期の場合は、積極的に体を動かして、腰椎部分の筋力を強化していきます。しかし、あまり無理して行うと、腰椎すべり症が悪化してしまうこともありますので、自分の体と相談しながら徐々に行っていきます。

まずは、腰椎を支えている土台部分の大腿四頭筋から鍛えるようにします。そして、次に腹筋と背筋を鍛えます。具体的なやり方として、大腿四頭筋を鍛えるときはスクワットがお薦めです。

腹筋や背筋を鍛えるときは注意が必要で、出来るだけ負荷がかからないことを意識して、腹筋と背筋だけを上手くバランス良く鍛えることを心掛けます。最初は辛いかも知れませんが、慣れてくるうちに痛みも緩和していきます。

そして、腰椎すべり症で最も多い合併症が、坐骨神経痛です。坐骨神経が圧迫を受け、下肢、特に臀部から太股の裏側にかけての痛み、またはしびれの症状を訴える場合がほとんどです。

坐骨神経痛がある場合、歩行することが難しくなることもあります。痛みを軽減させるには、まず腰椎周りの筋肉をつけていくことが大切です。

急性期の場合は安静にして自然治癒を期待し、比較的症状が落ち着いてきたら、ストレッチや筋肉トレーニングなどのリハビリを取り入れて衰えてしまった筋肉を鍛え、症状の悪化を防ぐことが大切になります。

また、腰椎すべり症を持っていても、痛みを感じないという場合は多くあります。またこのことが腰椎すべり症を慢性化させてしまう最も大きな原因です。

腰に違和感を持ったという場合、疲れによる一時的な症状、等と片付けてしまわずに、すぐに病院で診断を仰ぐことが、腰椎すべり症を悪化させない、または予防するために大切なことになってきます。

中川式腰痛治療法