TOP > 腰椎すべり症について > 体操について

体操について


腰椎すべり症になると、安静が第一と言われることがほとんどですが、いつまでも安静にばかりしていると、腰部周りの筋力が衰え、逆に腰椎すべり症の症状を悪化させることがあります。

特に痛みが強い急性期では、腰椎周りを保護するコルセットなどを装着して、出来るだけ横になって、腰椎を保護することが大切ですが、いつまでも安静にばかりしていることは腰椎すべり症に良くありません。

腰椎すべり症では急性期の痛みがある程度落ち着いてきたら、ストレッチや効果の高い、腰椎すべり症予防の体操などを実践することが必要です。最初は痛みがあり、辛い部分もあるかと思いますが、しばらくすると、腰椎すべり症の痛みが軽減出来るだけでなく、体も柔らかくなり、腰椎周りの筋力をつけることに役立ちます。

腰椎すべり症の痛みが少なく、その状態が持続出来るのであれば、腰椎をサポート出来るような柔軟性を得るための体操療法が効果的になってきます。しかし、いざ実践するとなると、どのようなものでもいいというわけにはいきません。

特に腰椎の患部周りをサポートし、腰椎すべり症の患部に上手に働きかけていくようなものが必要になってきます。また、体操を実践することで体全体の柔軟性、腰椎の強度が付き、腰椎すべり症だけでなく健康を維持することに役立ちます。

腰椎すべり症の体操の中で代表的なものとしては、固めの椅子に座り、手を膝の上におき、ゆっくりと息をはきながら、お辞儀をするような感じで状態を倒す、お辞儀体操が効果的です。やり方は、無理の無い程度まで曲げたら、10秒ほど体勢を維持してからゆっくりと戻します。

このパターンを数回繰り返す、ということを出来れば一日に三回ほど実施します。これだけでも腰椎すべり症に対する効果はあります。特に痛みを緩和させ、痛みが発症しにくくすることが可能です。

またとても簡単な方法ですので、毎日取り入れることもしやすく、他の方法との併用にも良い体操です。椅子の上でできる、というタイプだけでもたくさん種類がありますが、出来れば重心を変えるために立位での方法や、横になった上体での方法なども重ねて取り入れることが一層効果を上げます。

腰椎すべり症では、水中での体操などもとても効果があります。水中でのバランス感覚に慣れれば、浮力の法則から、体重が腰椎にかかる負荷をほぼゼロの状態にでき、その状態でゆっくり歩行をするだけでも、トレーニング効果があります。

体操を実践する場合は浅めの場所を選択し、ゆっくりとするために障害物が無い状態を作ってからすることが推奨されます。プールなどに行かなければなりませんが、難しい場合はぬるま湯につかりながら実践できるタイプのものなどを取り入れるという方法もあります。

ですが、水中で行うものは全て重力がかかりませんので、筋力をつけることとは無縁になります。このことはしっかりと把握しておかないと、筋力低下を招き、症状を悪化させてしまうこともあります。

よく、水中でのトレーニングは浮力がかかるため、あまり痛みを感じずに出来ることから、水中トレーニングばかりする方がいますが、今お伝えしたように体の筋力低下を招く原因になりますので、 水中でのトレーニングだけでなく、陸上でのトレーニングも推進されます。

また、今までお伝えした方法は、腰椎分離症にとても効果の高いものばかりですが、あまり無理をせずに痛みが出ている時は安静にして、痛みがある程度引いてきたら、少しづつ自分が出来る範囲で実践していくことをお薦め致します。

中川式腰痛治療法