TOP > すべり症 > すべり症について

すべり症について


スポーツ少年にとても多いすべり症


すべり症は少年にとても多く、特に、少年期で激しいスポーツをやっていた人に多く見られ、統計によると10%強くらいは、小・中・高生に発生しています。

これは骨が完全に形成されていないときに、生理的な許容度を超えた腰の捻りや反りが与えられることによって、骨が分離し、すべりを起こすことが多いのです。

しかし、このような状態になった人の何%かは痛みもなく、無症状で生涯を送る人もあり、未だに不明な部分も多く、完全にそのメカニズムが解明されていません。

一般成人ですべりを起こす人の場合は、持続的に腰を使うような仕事や、瞬間的に腰を反らすようなことをしたときが多いようです。

下記の画像をご覧頂くと分かりやすいと思いますが、このような原因で、すべり症が発症します。


ほとんどの場合、第五腰椎に起こりますが、時には第四腰椎などにも起こることがあります。激しいスポーツをする人や重労働をする人に多くみられますが、脊椎がこの状態にある人たちのすべてに症状が出るわけではありません。

また、たまたまレントゲン検査をして見つかるといったことも多いのです。ですから、痛みの症状もなく日常生活になにも影響がない場合には、 すべりの状態があったとしても、“すべり症”などの病名はつけられませんし、全く心配もいらないのです。

すべり症の場合、極端に言うと骨が階段上になり、背骨が滑り、腰椎が前の方へ滑り、そして、仙骨の間が階段上になります。若い間、中学の始めくらいまでは骨と骨が引っ付く場合もあると言われています。

ですが、引っ付く、引っ付かないの問題ではなく、元の状態に戻してやることが治療になります。挟んだ骨は離れる力もあります。その反対の力を加えて、食い込んだ関節突起を離してやり、その状態を保てる筋力をつける。そうすれば、すべり症を怖れることは何もないのです。

合理的なトレーニングをすることが大切


すべり症の症状としては、腰からお尻にかけて痛みが多く、椅子に腰かけているとか、立っているなど、同じ姿勢を長く続けていると痛みが強くなります。また、反るような姿勢も辛くなります。

しかし、これらの症状も、安静にしていれば軽快するといった人がほとんどです。ところが、病院へ行くと、コルセットをつけさせられたり、スポーツを禁止されることが多いのです。

しかし、これでは患者さんの筋力を更に弱くしてしまい、いつまで経っても、痛みから逃れることはできません。すべり症になる患者さん達には、骨格上の弱点があるのですから、これを支える腰背筋、腹筋を強くすることが大切になるのです。

合理的なトレーニングで筋肉をしっかり鍛え、バランスの取れた体を作ることによって、普通の人と変わることなく日常生活を送るれるようになるのです。

中川式治療法では、今までに医者から見放された、重症なすべり症患者さんを延べ1000人以上、救ってきました。もし、あなたがどこに行っても改善されないのであれば、ぜひ一度、試されることを強くお薦めしたいと思います。

中川式腰痛治療法